読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の休日

趣味 暮らし 恋愛 すれ違い 日記
朝に起きたら彼の作った料理を食べ、写メを送る。彼が片付けはすぐにしろと言っていたので、嫌気が差す前に片づけをしながら、その大量の料理がお盆までもたないのか、冷凍したらいつまで持つのか、何かしら方法がないのか考え、次に作ってくれるのは、一体いつになるのだろうかと少し寂しく思う。

昨日のセックスを思い出し、不満に思い、それを思い出しながらオナニーし、はじめての変態行為に思いを馳せて、だるく疲れた体を愛しく思い、痕が永く残ればいいのにと願う。

彼に借りた漫画を読みながら
彼とそっくりな登場人物に笑い
私とそっくりな登場人物に涙して
彼の言いそうな台詞を抜き出し、それを報告し
彼からの返信を待つ。

彼のスレを常に見て
彼のスレに彼が現れればIDを検索し
彼の他の書き込みをチェックする。
彼のスレに彼が現れなければ飽いてしまい
彼の過去スレから私の片鱗を探し
彼の過去を理解したつもりになっては喜び
彼に報告をする。

昼を過ぎたら
彼の料理を冷蔵庫から出して、温めては残りの量をまた確認して、野菜は生だから厳しいかも知れないと思う。

それでも時間を持て余してしまうから
露悪的な文章を書いて楽しむ。

それでも時間を持て余してしまうから
彼に言われたように眼鏡を直しに出掛けよう。