読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親が勝手に部屋を片付ける

今、私は子供が居てもおかしくない歳だ。自分の子供が片づけをできずに困っているという方は多くいるだろう。私は母親に何度も部屋を片付けられ、辛い思いをしてきた。親の考えている事もわかるが何度となく説明しても理解されなかった。理解できないという親や辛いと感じている人にも読んで少しでも楽になったらと思う。


高校の頃からだろうか、家に帰ってくると、自分の部屋の物が片付けられている。私が学校に行っている間、母親が私の部屋に入り勝手に片付けてしまったのだ。書類はまとめられ、服は畳まれタンスにしまい。ゴミはゴミ袋にしこたま入れてある。床は掃除機がかけられ、ホコリのないキレイな状態だ。

 

胸が締め付けられ、言いようのない気持悪さが込み上げる。私の部屋に勝手に入り、母親の思うように片付けられる。繰り返し行われる事に母親へ激しく抗議した。

私「勝手に片付けないで」
母「散らかってるから片付けた。アレルギーになるかもしれない」

母親の理由はこうだ。ほこりが溜まってしまっては私の体調が悪くなるかもしれない。私は小学生くらいまで風をひくと気管支炎になっていた。それを心配して、片付けてやっているのだ。

 

私が怒るのは承知の上で母親は片付けている。母親は母親で私が片付けない事に我慢し続け、我慢しきれなくなると片付けているのだ。気管支炎になっても良い、どうか私の部屋の物を勝手に動かさないでほしい。泣いて、叫んで訴えても全く理解されなかった。

 

「そこまでなる前に片付ければいいではないか」

 

そう思うのも無理はないだろう。では、何故片付けられないのか。片付ける事にスゴイ労力がかかるのだ。1つ1つの物を見て、判断しなければいけない。しまう物なのか、使う物なのか。そして、1番大変な事は捨てる事である。いる物なのか、いらない物なのか判別する事。決断するのに時間がかかるし、捨てる事に罪悪感を感じる。例えば、家族旅行で行った博物館の半券やちらし。これは確実に私はとっておく物だ。次に、レシート。これはいるのか?いらないのか?じゃあ、中身を見てみよう。ああ、友達と遊びに行った時のランチだ。

 

このように私の片付けは遅々としてなかなか進まない。その上「物を捨てなさい」というプレッシャーを掛けられると更に辛いものになる。

 

私は片付けていない訳ではないのだ。片付けは私にとって非常に辛い行為なんだ。そこだけでも理解してほしい。

 

私はおそらく、発達障害の何かしらだと思っている。病院に行って、診断してはいないので確実ではないが。発達障害や心理学には興味があり、本を読んできた。正に自分の事を言っているのだと、わかった時に私は安堵し涙した。理解されていると感じて安心した。

どうか、身近に居る家族が理解してほしい。

1番そばに居る家族の理解が得られないほど辛い事はない。

 

伝えたい事が沢山あってでも、うまく書けないのだが。少しでも伝わればと思う。

 

3/17追記

その後、私がどうやって解決したのか。社会人になり、5年して家を出たのだ。本当に心穏やかになった。その時になって思ったのだが、早くに自分の部屋に鍵を付ければ良かったと思う。親の資産だろうが関係ない。無理矢理にでも鍵を付ければ穏やかに過ごせたと思う。この方法は根本的な解決ではないけれど、親が理解を示してくれないなら仕方がないと思う。そして、早く家を出る事だ。

 

このブログをはじめて約1ヶ月。このページを1番見ている人が多かった。子供側と親側どちらの人が多いのだろうか。

 

関係ありそうなページ

 

 

nandenandechan.hatenablog.com

 

常識とか普通って何だろう - 2つ目のぺーじ(仮)

 片付けが出来ないのも「常識」とか言われる事も同じ系統の病気だと思うんだよな

 

 

広告を非表示にする