読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と洋服

生活 距離感

洋服とかメイクって自分自身がまわりにどうやって見られるかという重要な要素なんだと思う。でも、私はそれと上手く付き合う事ができない。洋服やメイクが趣味だったらできるんだろうけど、私は趣味じゃないから上手くできない。

 

洋服が嫌いなわけじゃないと思う。むしろ、こだわりが強い。これは「自分流」とか「こだわってるんだぜ!」みたいに思ってるんじゃないし「こう見られたいんだよね」というのでもなく、何故か好き嫌いがはっきりしてる。ファッション雑誌は一切見ないので流行りはよくわからない。お店をまわると何となくわかってくるけど。

 

お店で洋服を買おうと決めると、好きなデザインの洋服が見つかるのにまず時間がかかる。色んなお店をまわって、探す。洋服の全体の雰囲気が良くても細部で気に入らないとダメ。そして、やっと試着してあわなければ最初から。

 

そこで店員さんがあらわれると更に辛くなってくる。どうか話しかけないでほしいと思う。ただでさえ人見知りなのに「これ、流行りなんですよ」「これ、売れてるんですよお。残りわずかで」と笑顔で話かけられる。どれも私の購買力はかきたてられない。お店うろうろしてれば話しかけられるのは当たり前なのに苦手な私は「すみません、大丈夫です」と、よくわからない事を言ってお店から出てしまう。気にせず見てればいい服があったのかもしれないのに。店員さんが話しかけてこないお店ってそれなりに需要があると思うんだよなあ。

 

だから、お店で探すとすごく時間がかかるし、かかった上に見つからずに終わる事も多い。試着するのにも疲れる。ぜんぜん楽しくない。着ている服を脱いで、試着して、せっかく着たのに合わなくて、脱いで、着てきた服をまた着て。何着かやると何でやっているのか段々わからなくなってくる。時間がかかって、疲れて、それなのに何も決まらないと悲しい。仕方がないので、仮の服だと自分を納得させて適当な洋服を買うことになる。なんか、モヤモヤするし嫌な気持になる。

 

そんな感じで頑張って探して買ったけど、結局着心地が悪かったり、デザインが気になると着なくなってしまう。更に洋服を買うのが嫌になる。悪循環だ。

 

洋服屋さんには女の子たちがたくさん居るし、選ぶのが楽しそうだ。女性用の雑誌を見てもファッション雑誌の多いこと。

 

洋服選びを楽しくできる人って上手く物事との距離がとれる人で

きっと他の色んな事もうまくできるんだろうなと思う。

 

 

↓のエントリーを読んだら素敵だなと思った。自分ももっと楽しんでできたらいいのにと思う。

クローゼットについて

服を趣味でもないのに普段から気遣える人はスゴイと思う。大半の女性はそうなのかも。無理せず、そして楽しく!素敵です。

2015/05/23 10:14

 

 ↓社会性に乏しいっていうのはあたりだと思う

服が苦手な人は社会性に乏しい可能性が高い - 趣味の方法

適切な服装(TPO)を考えるのが面倒。新たに買うときは好きな洋服が見つからなくて探すのに疲れちゃう。私は社会性ないと思う

2015/05/22 09:58

広告を非表示にする