なんでブログをやってますか?

アクセス数を増やすのが目的のブログじゃないけど、見に来てくれる人が増えるとやっぱり嬉しい。2日前に書いたエントリーがりょうさんのおかけで凄いアクセスでした。Twitterでつぶやいて頂いて、今までで最高のアクセス数でした。というか、累計アクセス数の5分の1を1日で稼ぎました。今日はいつもの通りアクセス数は3でございます。影響力のある方に紹介されるとここまで違うのかと思いました。

ところで
皆さんはなんでブログをやってますか?

私は他の面白いエントリーを読んで、何となく自分も発信してみたかった。そして、自分が辛いと思ったことやおかしいと思ったことを書くことにした。自分が辛いと思っていた時、助けてくれる人が居なくても、誰か聞いてくれる人が欲しかった。自分の経験を書くことで、同じ境遇の人が居ると思うと少し安心できるんじゃないかなと思った。

というのは私は本に助けられたから。

どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」

どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」

以前から自分は何か上手くいかないとか、何かしら違和感を感じていて、それが何なのかわからなかった。色んな心理学の本も読んだし、発達障害についても読んでた。何となく自分が発達障害なんじゃないかとは思ってた。

いつものようにブックオフで立ち読みをしていたら、この本を見つけた。何となく読んでみたら自分の事が書いてあった。当てはまるところ、あてはまらないところがあるけど、そこには自分の事が書いてあった。びっくりして、そして、すごくホッとした。嬉しくて泣いた。自分は誰にも理解されないと思っていたけど、そんな事はなかった。本に「大丈夫だよ。わかるよ。」と言われたような気持だった。

私は同じ境遇の人、同じような悩みを持っている人が居る事がわかって嬉しかった。すごく安心した。普段から感じている辛い事や違和感はうまく言語化できなかった。それが明確な文章になっていた。こんな風にうまくいかない人が居るよとか、こんな風に考えちゃうんだよとわかりやすく書いてあった。

直接話を聞いてくれる人が居なくても、同じ悩みを持っている人が居るのだ、理解してくれる人が居るのだ。ただ、それがわかっただけで気持が大幅に変わった。他人にとってはくだらなく、どうでもいいような事でも、私にはそうじゃない事がある。以前は説明してもまわりが理解してくれないと悲しく思っていた。でも、今はそうじゃない。

「掃除が苦手」「新しい洋服を探すのが辛い」だなんて、まわりには単なる甘えに見えたり、自分がカワイイんじゃないかと思われる事を今は何となくわかる。でも、私には簡単じゃない。甘えだと、くだらないと思われてもいい。読んで安心する人がどこかに居るかも知れないから。

それに私は自分自身が知らない人に「大丈夫だよ」「それで、いいんだよ」ってわかってもらいたいんだと思う。(承認欲求が強いのも確か特性だった気がする。)身の回りの人がわかってくれなくても、ネットには色んな人が居る。きっと、同じような事で悩んでる人もいるんだ。

だから、私はブログをやってるんだ。

広告を非表示にする