読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にしなければ、伝わらない

(書いてから、誰か似たようなエントリー書いてたと思い出しました。二番煎じすみません)

ランチでイタリアンのお店に入った。

この間、見つけたちょっといい雰囲気のお店。店内は広くなく、15人くらいの席でテーブルや壁にまで木材を多用している。店長が1人で切り盛りしていて、野菜やお肉にもこだわりがある。私が以前に立ち寄った際には時間がなく、ランチセットのドリンクを遠慮したところ、お土産の焼き菓子をくれた。さりげない心遣いが嬉しい。私のお気に入りになった。

今日は隣に小さい子を連れた家族が居た。平日のランチをご家族で素敵ですね。あー、そんな家族が欲しいな。

奥さんが子どもに「寒い?」と聞いている。店内はエアコンが効いてる。
子ども「寒い」
奥さん「大丈夫でしょ?」(子どもに向けて)
奥さん「ちょっと寒いね」(旦那に向けて言いつつ、店長の方をチラッチラッ)
奥さんは不満げな様子。

旦那さんは聞こえてか聞こえてないのか関係ない話をしている。
旦那さん「だからさ、そいつが緑色のシャツなんだよおかしいでしょ?」
奥さん「いいんじゃない?」人の好みなんだから、いいじゃんって雰囲気
旦那さん「革靴に緑はうんぬん」

そうしてる間に店長が料理を運んできた。子どもが寒がってるのに奥さんは何も言わない。
旦那さんも何も言わない。

こうやって、すれ違っていくのかな?
どうして店長に言わないのかな?
言う方が迷惑だと思ってるのかな?
それなら、子どもに何でワザワザ聞いたのかな?

子どもが寒がってても店長は気がつかないよ。
だって店長は厨房に居て、席が寒いかどうかなんてわからない
厨房では火も使ってるし、おそらく暑いだろう。
お客さんがそれなりに入ってて忙しそう。
遠い席からチラッチラッと見たところで気がつきようがない。

まずは言葉にしなければ、伝わりようがない。
もし、不満があっても言わなければわからない。

だから「チラッチラッ」とか「空気を読め!」という風潮は嫌いだ。
「気が利かない」とも言いたげな不満顔を私は見たくない。

そんな風にして誰も悪くないのに不満になる人が居るのかと思うと、何とも悲しい気持になる。

だって、素敵なお店なのに、店長だってこだわりがあってやってるのに!


昔、まだまだ素直で正直で純粋だった私は「思った事がそのまま伝わればいい」と、本気で思っていた。無意味にすれ違い、傷付いたり、傷付けたりが嫌で仕方がなかった。

今は誰かの思想や考えが人を傷付ける事を知っているので「思った事がそのまま伝わればいい」とは思わないけれど、こんなすれ違いを見ると上手く伝わらないのかなと悲しく思ってしまう。

だから、怖がらずに口に出してみよう。
あなたが心配してるほど人は傷付かないはず。

広告を非表示にする