人と関わるのって難しい(言葉とかすれ違いまとめ)

前半が自分語りで、後半が今までのエントリーの紹介です。

 

人と関わるのが苦手

 

私は人と関わるのが苦手です。中学生の頃は無為に人を傷つけ、自分も傷ついてきました。自分の言葉で人を傷つける事は「自分が発信する事の代償」であり「自分自身が嫌われる事も辞さない」と考えてきました。そして「好き勝手な事を言う」「悩みなんか無い」と思われている事も理解していました。どう考えても生き辛いですね。

 

でも、生き辛いなんて少しも思ってませんでした。自分が基準ですからね。年を重ねるうちに段々と自分の指針が周りの人と少し違うのだと気がつきはじめ、社会人になりコミュニケーション能力の欠如をつきつけられました。

 

ですから、私は社交的で人とうまく距離感がとれて、思ったことが上手く伝えられる人を私は本当に尊敬しています。

 

社会人になり学ぶ事によって、なんとか人との摩擦を減らしながらコミュニケーションをとれるようになってきました。信じられない事に多くの人と会い、間に立ち、調整し、人を動かす事を仕事としています。自分にあっていない仕事だと感じながら、時には何でこんな仕事してるんだ?と自問しながら働いています。

 

そこから生まれたエントリーたち

 

そんな、コミュニケーションの下手な私が学んできた事をこのブログで書いてきたように思います。日常生活やネットの話題から疑問に思った事、辛かった事、考えた事を私目線で切り取っています。

 

私がブログで書いている事柄は多くの人にとって学ぶ事ではなく感覚的にこなしている事なのではないかと思います。また、指摘されなければ、摩擦が起きなければ気がつかない落ち度がまだまだ沢山あるのだろうと思います。生き辛いと感じている人、「何でうまくいかないんだろう?」と思ってる人が私のブログを読むことで共感できれば、少しでも参考になったらいいなと思います。

 

ああ、やたら長くてつまんない文章ですねえ。

ヒトデさんみたいに勢いがあって楽しい文章が書けたらいいのになと読んでいると思います。

きっと、ヒトデさんはコミュニケーションも上手いんだろうなって思います。

 

直感的に素直に人と関わってるのに、うまい距離感を保てて、楽しく過ごしてる人たちって本当にスゴイと思います。

 

というわけで、紹介していきます!

 

記念すべき、はじめてのエントリーで書いたのは社会人になって、上司との言葉のすれ違いで悩んだ事でした。新人の頃に「常識」「普通」という言葉を多用する上司に参っていました。言葉にこだわる私と説明の下手な上司のすれ違いについて書いています。

nandenandechan.hatenablog.com

 

 はてなブログを見てると、面白い事を言ってるのに、なかなか言っている事の本質を見てもらえてないエントリーが多くある事に気がつきました。じゃあ、どうしてなんだろう、どういうエントリーが中身を見てもらえないんだろうかと私なりに考えてみました。

nandenandechan.hatenablog.com

 

 会話の中で長らく、正確に言う事に注視してきた私が伝える為に何が重要なのか改めて考えてみました。きっと、ほとんどの人がわかっているだろう事なんですが、昔の私には思いもつかなかった事で、振り返りつつ書きました。

nandenandechan.hatenablog.com

 

私の見かけた「すれ違い」について。不満に思っている事は口に出さなければ気がつきようがない。そして、口に出せば解決する事もたくさんあると思う。そういうすれ違いって悲しいねってエントリー。

nandenandechan.hatenablog.com

 

 平仮名の方が読みやすい?って話から、私が受けた教育について書きました。ブコメをはじめてたくさんの方から頂いて、気づきの多かったエントリーです。

nandenandechan.hatenablog.com

 

 痴漢についてのエントリーが流行ってました。増田でもすれ違いが起きてて、同じ言葉を使ってるはずなのに、悲しいもんですね。経験や背景が違えば、いくら言葉で説明しようとも理解しあうのは難しいのではないかと思った出来事でした。

nandenandechan.hatenablog.com

 

 

以上でございます。

中身が結構かぶってるけど、きっとその時に重要だと思ってた事なんでしょうねえ。

 

編集後記みたいな

先日「みんな疲れてる」のエントリーを書いたところ、普段の3倍ほどのアクセスがありました。お気に入りや購読して下さる方、ツイッターつぶやいてくれる方がいらっしゃいました。そして、何とホッテントリーに表示されていたようです。びっくりです。feedlyというよくわからないページからも見に来てくれる方がいます。注目されなければ、読まれる事もない訳で、とても嬉しいです。そして、誰かの心に少しでもひっかかればと思います。

 

↓こういう文章、よく見かけますがコピペだと思ってました。コピペの人も居るのかな?

↓☆をください うぉううぉう ☆をください

広告を非表示にする