読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうち交通事故にあいそうな人たち

暮らし 仕事 高齢者
 車を運転していると、なかなか危険な人たちと遭遇します。危ないとわかっていて、やってる人は車やバイクを気にかけているので、まだ大丈夫なんです。でも、そうじゃない人も居ます。というか、危険に気がついてないのかもしれません。車からの目線で、どんな事が危険なのかを書きます。でも、本当に危険な人はこういう文章はあまり読まなそうですね。
 ちなみに、私は住宅街を通る事がほとんどで、車線が幾つもあるところの事はよくわかっていません。

信号無視する歩行者や自転車

 
 狭い道だと多いように思います。信号に気がついていないのか、道が狭いから信号は無視していいのだと思ってるのかも知れません。何もないかのようにスーっと出てきます。
 車を運転している人は歩行者信号を頼りに運転しています。渡ってる人が居るのか居ないのかを目で判断するよりも、信号を見て運転しています。なので、特に交差点で車が来ているかどうかを見ないで、赤信号を渡るのは危険です。
 車からは自分が見えていると思っているのでしょうが、青信号に人が出てくるとを予測していません。非常に気がつきにくいので、安易に「気がついてるだろう」と思ってはいけません。
 

道路を横断する人

 
 気をつけて渡るから大丈夫、というつもりなのだと思います。特に危険なのは渡る先の車線が渋滞や信号で止まっている状態です。道路の真ん中を渡り、車と車の間まで辿り着くと安心しているようですが、そこからが危険です。車から歩道の間をバイクがすり抜ける事があります。これは全然、全く気にしてない人が居ます。もし、渡るなら車と車の間から顔を出してバイクが通らないか確認しなければいけません。

 

歩道から突然降りる人

 
 歩道を歩いてる際に正面から歩行者や自転車が来て、すれ違う瞬間に車道に降りる人です。車道を車が走っているのかどうか気にせず、突然降りてきます。他にも電柱が邪魔で降りてくる人も居ます。学生の集団が目立ちます。大勢で居るので、歩道に入りきらないのでしょうが危ないです。

 

徐々に道路の真ん中に出てくる自転車

 
 じいちゃん、ばあちゃんに多いです。狭い道で歩道がないところで、徐々にゆっくりと、車道に出てきたり、反対に渡ろうとします。後ろに車が来ているのか見ないで出てきます。動きが何となく予測できるのですが、危ないので、自動車は抜かそうとするのですが、速度の問題で自転車が死角に入りやすく、危ないです。
 

止まれで止まらない歩行者や自転車

 

 本気で危ないです。車は「止まれ」の標識がなければ交差点で止まりません。車は交差点に入っても速度は落としません。せめて、これだけでも車の免許を持っていない人たちにわかってほしいです。

 

おわりに

 
 「信号は絶対です!」などと、言うつもりはありません。どれも、車やバイクの事を気にかけて、いれば事故にはあわないと思います。でも、全然気にしないで、やってる人が居るんです。この人たちは今まで運が良くて、たまたま事故にあってないだけです。いつ事故にあってもおかしくありません。事故にあってみて気がつくのだと思うと恐ろしいです。
 
 どうか、上記にあげたような事を子供の前でやらないでほしいです。本来であれば、やってはいけないとされてい事です。大人が気をつけてやっている事でも、子供にはそこまでわからないでしょう。何か理由があるのかも知れませんが、安易にやらないでほしいです。

 

 車の運転をした事のない人は、何が危険なのか学ぶ機会があまりないのだと思います。私の家族は全員免許を持っていないので、危険な動きをする事があります。一緒に居る時にはどうして危ないのか、うるさそうな顔をされても怒ります。「いい?突然、歩道から降りたら危ないんだからね。道路が広いからとか関係ないんだから!」そもそも、危険だと思っていないようです。
 

車を運転している人って危険を認識している人いるの?

 念のため書きますが、もちろんバイクや車で危険な運転をしている人たちも居ます。以前、増田が危険運転をする車を指摘したところ、ブコメが荒れた事がありました。車の運転者を煽るようなタイトルなのが良くなかったのかもしれませんね。私は決して、対立を煽るつもりはありません。少しでも危険に気がついて、事故が減ればいいと思います。

広告を非表示にする