読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精の私が考える、家と職場が近いと良い事と良くない事

 私は職場から徒歩で片道30分のところに住んでます。以前は、1時間くらいかけて電車と徒歩で通っていました。

 学生の頃は最長で電車を使い2時間かけてました。まわりには「大変だね」と言われましたが、特に感じてませんでした。移動は電車で座れたからだと思います。
 それをふまえて、家と職場が近いと良い事と、良くない事をあげてみます。
 

近くていい事

・通勤に時間がかからない。
 朝はのんびりできます。ゆっくり寝れます。7時起きですよ。小学生みたいですね。明るい時間なので、歩いてる時に景色とか眺められます。遠い時は家を出る時は暗かったので景色は眺められなかったです。帰りはどちらにせよ暗いですね。
 
・通勤に時間がかからないので他に時間をあてられる。
 考えてみれば、当たり前なんですけど、これはあんまり実感がないですね。学生の頃は課題で忙しく、移動時間がもったいなくて、ちょっとでも近くに住んでいたら時間があるのになあと思っていましたね。今は学生の時ほど毎日の時間が足りないと感じないですね。それこそ、まっすぐ家に帰るしか選択がないから時間が足りなくならないのでしょうか。
 
・通勤にお金がかからない。
 まあ、多少かかっても会社が払ってくれると思います。自分は痛くないので、あまり問題ないかなあ。
 

近くて良くない事

・気分転換がない
 職場と自宅の行き来だけなので、いつの間にか気分転換はできません。強制的に電車に乗っていた時は嫌なことがあっても、駅につけば何か興味のある物に気持が動いたり、関係ない事にも目がいきました。人もたくさん居ますし、家電量販店に寄ったり、本屋に寄ったり。
 特に新社会人の子には「あんまり近くに住まない方がいいよ」とアドバイスします。一駅でもいいから、電車に乗るのは気分転換になります。会社のそばに寮があって、仕事で嫌なことがると、気分転換もできず、友達に愚痴を言う事もできず、八方塞がりになる可能性があります。新人には寮はおすすめしにくいです。安くて、近くていいんですけどね。
 
・家を出るのが面倒になる(遊びに行き辛い)
 職場が変なところにあるってのも原因ですが、家を出辛いです。そもそも、普段から職場との間を徒歩で行き来しかしていません。それなので、電車やバスに乗る事のハードルがあがります。電車に乗る事が当たり前の生活の時は乗るのがストレスにもならないんですよね。これはフットワークが軽ければ何の問題にもならないですね。ええ、出不(デブ)精なんですよ。
 
・すき間時間がない
 電車に乗っている時は良くも悪くも暇な時間でした。座れるように早めの電車に乗っていました。乗ってる間は本を読んだり、寝たり、音楽を聞いたりしてました。今なら、間違いなくハテブだと思いますが。家に居るとついテレビを見て無為に過ごしてしまうのが、電車に乗るとできる事が限られるので、それなりに充実していたように思います。読書習慣なんて、気がついたらなくなってますね。悲しいですね。
 

まとめ

 書いてみると、意外と良くない事が多いですね。遠くに引っ越した方がいいんじゃないの?って、気がしてきました。特に私のように普段からインドア派の人は強制的に離れた場所に住んだ方が良さそうです。あまり一般化できない話でしたね。
 

今日のためになったページ

ブログ初心者が半年で月間30万PVを達成したのでアクセスアップの方法とか色々語る - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 私はものすごいアクセスは目標にしていませんが、ブログを書くときの心構えがよかったです「ともかく、わかりやすく、楽しく」。ヒトデさんは文章が元気であふれてて、中身ももちろんなんですが、読んでるだけで楽しくなります。私はもう少し明るくなった方がいいなと思いました。

広告を非表示にする