読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストと整理収納アドバイザー

住まい 片付け 暮らし

こんばんは

汚部屋住人の整理収納アドバイザーなんでなんでちゃんです。

 

ミニマリストの定義が最近話題になってますね。

朝のNHKでもとりあげられて、一躍有名ですね。

 

私はこのブログをはじめてから、ミニマリストという人たちを知りました。

なので、完全にはミニマリストの方達の目指すものはわかっていません。

ミニマリストって発音しにくいですよね。発音しにくいのって、なかなか覚えられないです。私だけでしょうか。

 

ところで、整理収納アドバイザーって知ってます?

知名度はかなり低そうな気がします。

私は何となく聞いたことがあったくらいですね。

汚部屋住人なので、整理収納については興味があります。

 

整理収納アドバイザーって、何となく

100均で買った箱を利用して、棚とか作って「タオルをクルクルまるめてキレイにしちゃうよ!」とか、突っ張り棒をトイレにつけて「あら、こんなところも収納に!」とか「ほら、お台所はシンクの上だって収納ができるんです!」とか、想像すると思いますが、違うんです。

 

整理収納アドバイザーの考え

 

収納が増えても使わないストックが増えるだけ。

ストックは場所をとる。

場所をとるって事はお金がかかる。

 

持つのは必要な数、量だけ。

必要な数、量を決めて増やさない。

 

買う時は吟味し、良い物を長く使う。

物を減らす事で物に縛られない生活を。

 

ね?

ちょっと、ミニマリストの方達と似てませんか?

私は名前が変わっただけで、近いものを感じます。

ミニマリストについては定義でもめるくらいなので、色んな考え方があると思います。

 

この整理収納アドバイザーの考えですが

5年くらい前の記憶なので興味のある方はぐぐってみてください。

 

そういえば、さっきの間違った整理収納アドバイザーのイメージは

収納がいっぱいあるけど、貯まってるだけで使わなくなるダメパターンですね。

細かく収納作って、仕舞うのが目的になってしまうという本末転倒なやつです。

 

ダメなパターンですけど、この雰囲気が結構、好きです。

 

妙に明るくて、「ほーら、ステキ」っていう鬼気迫る感じ。

いかにも主婦って感じの人が「こうやってやるんです!」って張り切ってるの。

だいたいはお掃除ノウハウとセットになって出てきます。

最近は流行らないみたいですね。

 

昔は雑誌とか見てウキウキしてました。

自分は決してやらないのにね。

不思議なもんです。

自己啓発本を読んでやってないクセにワクワクするのと似てるかも。

 

まあ、ミニマリストの方からすると真逆ですね。

そういえば、日本の大切な「もったいない精神」とは相反しないのか気になるところです。

 

どうすれば整理収納アドバイザーになれるの?

そして、この整理収納アドバイザーですが

民間の資格でお金出して講習受けて、テスト通るともらえます。

 

「私は整理収納アドバイザーです」などと言っていますが持ってるのは2級です。

2級は1日講習を受けて、テスト通るともらえます。

今、調べたら2万円します。ちょっと高いですね。

でも、1日で名乗れるようになるのだと思ったら安いかも。

 

テストも難しくなかったので興味のある人

名乗ってみたい人はとってみるといいと思います。

公式ページ貼っときます。

ハウスキーピング協会

 

おわり

私は汚部屋住人のクセに整理収納アドバイザーという肩書きで仕事をしています。

というのは嘘です。名乗ってません。名刺にのせたら誰か相談してくれるかしらん。

 

おまけ

  最も熟練した男性とは、その重い骨盤、しかも決して不要の厭力を加えないリズミカルな体動、疲れを知らぬ肉体、長時間にわたつた衰えない能力、まもなくよみがえる反復性及び緩徐な射出の所有者であって、しかも相手の心理的、身体的コンディションをよくわきまえて、性行為という一見動物的とみえる行為に、常に精神的な愛情の味つけを忘れない種類の男性のことである。

 「夫婦生活」昭和26年5月号p51より

 

メモ

「暮らし」カテゴリーでホッテントリーに入ったよ!

何でだろう?

 

広告を非表示にする