読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汗を垂らしてはいけない!

急に暑くなりましたね。

 

私は職場で斜め前のおじさんの腕に書類が張り付くと夏が来たんだなあと思います。変な話、職場に毎年夏の冷房負荷を下げる目標があって、毎年設定温度が上がってくんです。無茶苦茶ですね。えらい人が考える事ってわけがわからないです。人には限界ってもんがあって、書類くっつくほど、暑かったら仕事なんかできないです。

 

暑いとベタベタします。ひどいと汗たれます。おじさんだと顔ふいちゃいます。隣のおじさんはウェットティッシュでふいてます。ふいて、汚れを確認して「おー」とか言ってます。汗が目にまで垂れてるの見ると手術ごっこしたくなります。やらせてくれる人が居ないですけど。

 

なんで汗かくの

という訳で私たちを不快にさせる汗ですが、何で暑いと汗をかくのかって考えた事ありますか?それは涼しくなるためですね。汗が蒸発する時に体の熱をうばうんです。いやあ、人間ってよくできてますね!感動ですね!ひとだけじゃないですけどね。

 

だから

夏って暑いし、汗かくから嫌だなあ」は間違いなんです。

夏って暑いけど、汗かいてくれてありがとう」が正しいんですよ!

 

だから、汗を邪険に扱ってはいけませんね!

 

これ、私が学生の時に授業で学びました。考えてみれば当たり前なんだけど。そこで、更に先生が言ったんです。

だから肌の表面がシットリと湿ってるのがちょうどいいんですね

「肌の表面がカサカサでもなく、汗が垂れてしまってるのでもなく、シットリがちょうどいい。」

へえ!そうかあ。

 

あれ?じゃあ、垂れてしまった汗の存在意義は!?

ああ、なんと哀れな垂れてしまった汗。

温度を下げるために出てきたのに、その役目も果たさずに垂れてしまうなんて。

 

汗は拭ちゃだめ

もちろん、拭いたら役目を果たさないって事ですね。

元々、垂れてしまう汗が何であるのかわからないです。

 

なので、汗が垂れそうだと思ったら

団扇や扇子、扇風機を使って蒸発させましょうね。

汗がかわいそうだから。

 

暑いから風が欲しいって、感覚的にやってますけど、

体の汗をかく仕組みを考えると、非常に理にかなった行動なんですね。

 

おわり

熱中症って外に居る時よりも、家に居る時の方がなる人多いそうです。家に居るからって安心しちゃだめですね。節電だ、なんだって言ってますけど、我慢しないで冷房は使いましょう。あと、水を飲みましょう。できれば、お茶じゃなくてスポーツドリンクでとる方がいいそうです。汗かくと塩分も出ちゃうからでしょうか。何でか忘れました。あと、何か気をつける事があったような気がしますが忘れました。

 

じゃあ、水分補給をちゃんとして良い週末を!

 

おまけ

今日は実家なので手元に本がありませんが、シリーズにしてもいいかなと思ってます。エロい話が好きだっていうのもあります。でも、それより意外といい言葉が載ってるので。昔の雑誌だからなのか、おかたい本だからなのか、文章がギッチリで、読み飛ばしながら1冊を読み終わりました。全部、読み終えるには何カ月かかるんでしょう。漢字も難しいし、文章もかたくるしくて寝る前の読書にぴったりです。では、おやすみなさい。

広告を非表示にする