読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメな自分

生き辛さ 言葉 仕事 おまけ 日記
上司とのやりとりを書き出してます。普段のエントリーよりも感情的で、上司の怒る様子や、私が急に不安になるシーンなどありますので、苦手な方は読まない方がいいかも知れません。一番下におまけあります。
 
今日の午前中のこと。
 
電話をとって、お客さんと話す上司。
メモを渡されながら、誰の担当なのか調べてと頼まれる。
数分もしないうちに、すぐに声をかけられる。

上司「資料出してよ(遅い)!」

私「はい」
 
出してと言われる前から用意してるの見えるのんだから、怒らなくてもいいのに。というか、上司でも調べられるのに私が何度か説明しても覚えられないらしい。時間が掛かってるのは普段から扱ってる資料に載っていなかったから。
 
何でそんなに慌ててイライラするの?様子から察するに急いでる話ではないのに。人に待たされる事をひどく嫌がる。
 
私「すみません、どういう用件だったんですか?」
上司「だから(イライラ)、これこれなの。」
 
「だから」の語気にビビる私。
また、イライラが始まってしまったんだ。
一気に体がこわばる。
 
私は電話をとってないから、電話をとった上司に教えてもらわないと、内容はわからない。何でイライラするの?怖いよ。私はエスパーじゃない。そうでなくても、トロい私にそこまで求められても困る。
 
上司「なんなのよ?何が嫌なの?」
怖い。
 
私の萎縮している態度、言動は上司には不服な態度に見えるらしい。ただ、怖くて縮こまってるだけなのに。
 
男性は女性に比べて顔を見て判断できる感情の種類が少ないそうだ。それをちょっと思い出した。この人は前からそうだ。私の顔を見て尚更イライラを増幅させる。
 
うまく答えられない。
私は萎縮し体はこわばる。ただ、怖い。
私がダメな事はわかってる。
自分がダメな事は自分が一番良くわかってる。
 
だから、どうかこれ以上怒らないで。イライラしないで。
私はあなたに危害なんて加えないし、そんなつもりは更々ない。
もう、私が全ていけないのはわかってる。
そして、 ただ早く終わってほしい。
 
増幅させる苛立ち。
始まったら止められない。
 
上司「なんだ、おめーよお、レスポンスが悪いんだよ!」
私「はい」
 
レスポンスが悪いなんて事は重々承知してます。
私も上手くやりたいんです。私、これでも必死でやってるんです。
色んな事がうまくいかない。慌ててるから。怖いから。見られてるから。
 
上司「今の電話はなんだ?どうして、いつものように出来ないんだ?!」
私「無言」
だって、横でずっと怒っている上司が聞いてるから。普通になんて話せない。
 
私はこの上司が「教えてやっている」ツモリだという事も
私がイライラさせている事もわかってる。
そして、仕事のできる上司を尊敬もしてる。
 
ねえ、なんで仕事してるんだろう?
この人をイライラさせるだけの私はなんで仕事してるの?
この仕事を私は好きなの?
嫌なことを我慢できるくらい好きなの?
任せてくれるお客さんが居るから?
うまく人を動かせなくても?
喜ばれる事が少なくても?
完璧を求められても?
携われるだけでも本当に嬉しいの?
 
察する力のある上司は私にそれを強く要求してくる。
でも、察するレベルを越えたところまで要求される。私はエスパーじゃない。
でも、それに答えようと努力してきた。
 
この人をイライラさせない事を最優先して仕事をしてきた新人の頃を思い出した。不毛だ。あの頃からそうだ。イライラしてる。私は頑張ってきた。必死だった。仕事だけでも怖かったのに、この人はいつも怒っていた。仕事がわからない不安、予想できない展開。質問するだけで怒る上司。気持がその頃に引き戻される。不安。怖い。わからない。普通に話して。怒らないで。仕事を教えて。
 
上司「忙しいなら、俺がやってもいいんだよ」肩をポンと叩かれた。
 
急なトーンダウン。突然、己の口調に気がついたのか。それとも、怖れる私に気がついたのか。気がつくと私は泣いていた。いい年して。
 
この人だって、わかってるんだ。
私がひどく困り、怖がってる事。
 
ここ1年くらい私がイライラさせる事はなかった。
久し振りだった。疲れた。
 
おまけ
厚生省人口問題研究所の調査による1950年ー51年の産児制限の普及状況は、次のような、妻の年齢49歳以下の避妊貫行夫婦の百分率によつて示されている。
 大都市 およそ25%
 中小都市 およそ20%
 農村    およそ5ー15%
 これの全国平均は10%を越えてはいるが20%の普及率には達していない。が、それでも、戦前や戦争直後に比べると4ー5倍に増大している。
 避妊方法別にみると、コンドーム、定期禁欲法、中絶法などが多く、その効果は平均80%以上と推定されている。

夫婦生活 昭和27年新春特別2月号 p105

 避妊が都市部でも25%!え?すごく低くない?今の避妊率がわからないんだけど。定期禁欲法?これは方法っていうよりセックスしないだけって事?中絶法って避妊方法に入る今週のか。私だって昭和生まれなのに、理解しきれない。エロについては詳しいと思ってたけど、まだまだ学ぶ事はたくさんある。

 今回「おまけ」タグを作りました。まだ他のエントリーにはつけてないけど、まとめて見れるといいなと思います。

 

関係ありそうなエントリー

nandenandechan.hatenablog.com

新人の頃の私と上司の様子。

 

おすすめエントリーの紹介

私は昔の事とか思い出したりとか、感情に飲み込まれてしまいます。

そんな人に、うまく気持と切り離しましょうというようなエントリーを書いている方が居ます。

無断で紹介させて頂きます。

ウォーキング・メディテーション―歩く瞑想 | 生きづらい。それでも生きていく

発達障害者が天職を見つけるまでの仕事のつらさに耐えるための2つの知識 - 発達障害の「生き方」研究所 | Hライフラボ

 

↓☆をください。喜びます。弱ってると、☆ついてるだけで泣きます。さすがに、弱すぎです。

広告を非表示にする