読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐い絵本って子供に影響ないのかな?(私の恐かった絵本)

小さい頃には恐い絵本とか恐い物が色々ありました。

私が特別、怖がりだったのかも知れません。

小学生になっても学校のお化け屋敷とか絶対に入りませんでした。

大人になってもお化け屋敷は入りません。

nandenandechan.hatenablog.com

 

今、少し恐いのは

1時間に30人くらいも見に来る人が居る事。

みんな、何を見たいのかな?

 

絵本を紹介するよ!

小さい頃に読んで影響を受けた絵本を紹介します。

今、地獄の絵本を子供に読ませるのが流行ってるみたいですが

本当にいい事なのか私は疑問です。

 

そうそう、アマゾンのアフィリエイトを貼ってますが
うまく貼れてないみたいで何の収入にもなってません。
検索して調べたのですが不明です。寂しいです。
誰か詳しい方、教えて下さい。お願いします。
もしかして、pro登録しないとダメなのでしょうか。

 

注意

20年以上も前の記憶のみで紹介するので

間違ってる部分もあると思います。

 

留守番が出来なくなった絵本

はじめてのおるすばん (母と子の絵本 1)

はじめてのおるすばん (母と子の絵本 1)

 

私の中で一番のトラウマ絵本です。

もう、表紙からして暗いですよね。

 

ひとりで留守番をしていると宅配のおじさんが来ます。

「おかーしゃんは いません!」と答えるのですが、

玄関扉についてる郵便受けを開けて覗いてくるんです。

 

「こまったなあ。おかあさん居ないの?」と

真っ暗な中で光ってる目が恐すぎです。

 

これの影響で私は長らく留守番が出来なくなりました。

5歳を過ぎ留守番をする段になって

母親を泣きながら裸足で外まで追いかけたそうです。

近所のスーパーに行くだけだったのに。

 

つい最近、聞いたのですが

その時の事を妹が覚えていて

「姉がビビッてるのを見て驚いた」そうな。

 

 迷子が恐くなった絵本

しのはきょろきょろ

しのはきょろきょろ

 

デパートで迷子になってウロウロするお話。

飴玉がたくさんん並んでいたりと

楽しんでいる場面もありますが

大人の長い足や鳥の影が恐く

絶対に迷子にはなりたくありません。

 

特段にエピソードはありませんが

迷子になった事は一度もありませんね。

これのおかげでしょうか。

 

親はどうしてたのか?

親は私が楽しんでいると思っていたらしいのです。

私は「この絵本は恐い」とか一言も言わなかったそうです。

それじゃ、親も気がつかないな。

 

もう見たくないと思ってるのに繰り返し読まれちゃうって

どういうバツゲームなんだろう。

そこは発言しろよ自分!

 

恐い本の効果は?

効果は抜群ですね。

「留守番で知らない人がきても玄関開けちゃダメ」とか

「迷子になると恐いよ」というのは

十分すぎるくらい伝わった。

 

ただ

私はおとなしい子供だったので

怖がるような絵本を読まなくても

十分に言う事を聞いていたハズなのですが

怖がる本を読むと悪影響だと思うんですよね。

こんな歳になっても覚えてるくらいですから。

 

この程度の絵本で良かったとも思います。

地獄の絵本なんて見せられてたら、どうなってたのかな?

ちゃんと「恐いから見ない!」って発言できる子だったら

いいんだけど。

小さい頃は何を思っていたんだろう?

私は好きな食べ物があっても「クレープ食べたいな」とか言わなかった。

「おもちゃほしい」とかも言わなかった。

発言する事で変わるって事をわかっていなかったのか。

母親が作る物は出てくるのを頂くものだ。

そういうものだと思っていたのかも知れない。

自分の事なのにわからない。不思議だな。

 

番外編

 ぼっち悲しい

ノンタンのたんじょうび (ノンタンあそぼうよ (9))

ノンタンのたんじょうび (ノンタンあそぼうよ (9))

 

 みんなと遊ぼうと思うのに

みんなに「ノンタンはダメ!」のような事を言われて

仲間に入れてくれない。

家の窓を閉められてしまって入れてくれない。

非常に悲しい。

 

「ジャジャーン 誕生日のサプライズだよ!」

というオチなのですが、皆の冷たさがショッキングすぎる。

誕生日なんて、いらないレベル。

 

おわり

地獄の絵本を読んだ子供たちが

大きくなって自分で何か言えるようになった時に

どんな心境だったのか聞いてみたいな。

広告を非表示にする