読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿に行きました。緊縛写真展と思い出横丁(日記)

新宿座緊縛写真展

虫オフで知り合った、たけちゃんの写真展レポで知りました。新宿にある新宿座へ緊縛の写真展です。日数も差し迫っていたので、慌てていきました。


緊縛(きんばく)とは、
縄等でしっかりと縛るという意。
アダルトビデオなどで受身の者を縄あるいは紐状もしくは帯状のもので拘束し身体の自由を奪う行為を指す。SMプレイでは服従的なパートナーを征服し性的欲求を満たす行為の一つ。縛り方により様々な形があり、服従的なパートナーを縛った状態で吊り上げる方法もある。ここで詳説する。

性的なレポではありませんが、ご注意下さい。


緊縛写真はとても美しかった。
7人ほどの写真家さんの緊縛写真が狭い部屋の壁に並んでいました。

スズキレイジさんの作品は以前ネットで拝見した事がありました。裸体でも性的ないやらしはなく、デザインされた縛りと女性の体が美しい。特に制服を着た少女の写真は凛とした表情と強い視線に心打たれました。

もう一人、印象的だったのが春兜京さん。全身ではなく、肌についた緊縛の跡をクローズアップした写真。両腕は力なく放り出されているが、その手首には緊縛の跡。大きく反った上半身に緊縛の跡。この写真は絶頂の瞬間をあらわしてるように感じました。

残念ながら、この写真展は昨日(5月1日)に終わってしまいました。


思い出横丁でお昼御飯

緊縛写真の前に新宿駅の北側にある思い出横丁に行きました。齊藤さんのオススメでした。たまたま、たけちゃんのレポをもあって、読みつつ行きました。思ったよりもかなり狭いところに、飲み屋が連なっています。ぎゅうぎゅうです。

表の通りはすれ違うのがやっと、お店は狭いところだと、カウンターのみ。手前に座ると奥に入るのがやっとです。

半数くらいが閉まってますが、あいてるお店には既にお客さんが居ます。焼鳥やさん多く、らーめん、炒め物など何でも屋みたいなお店もあります。

私は若月の焼きそばを頂きました。
目の前の鉄板焼に焼きそばが盛ってあり、そこから取り分けて炒めてくれました。焼きそばは見た目ほど味が濃くなくて、ゴワゴワした太麺。1度食べた次郎ラーメンの麺を炒めたら、こんな感じかも。ソースを時々かけながら頂きました。

おいしかったのですが、少々量が足りません。せっかく来たのだから、他にも食べたい!緊縛写真を見た後に再度挑戦です。

2度目の挑戦はそばにしました。
半分外の屋台みたいです。真ん中でおじさんが調理をしていて、L字型にカウンターです。席に座って「かき揚げのってるソバ下さい。」 と、頼むと隣の知らないおっちゃんがコップに入ったお水をくれました。おっちゃん「あんた、わからなそうだからさ」お酒を飲んでるのか頬が赤くなってます。私「ありがとうございます。」焼鳥屋で話してる人たちが急にうらやましくなってきました。

目の前で茹でられたそばが器に移されると、お汁を一気に注ぎました。というか、多すぎです。溢れてます!かき揚げをのっけると、ビシャビシャのままカウンターに置かれました。350円激安で昔食べた学食より断然美味しい。

大満足の思い出横丁でした。

新宿マルイアクティブ?

せっかく新宿に来たのだからと、ロリータ服を見ることにしました。フリフリでかわいらしい服が見たい。

ネットで調べると、新宿座の方面。行ったり来たりです。久々に見る、ロリータ服は思った以上に金額が高い上に、生地の質が良くなくて驚きました。デザインも生地も納得する商品はスカートで5万円以上もします。とても手が出ません。昔、自分でヘボいのを自作していたけど、正解だったな。

それでも、満足するくらいウロウロして、癒されて、足が痛くなり帰ることにしました。

新宿マルイアクティブ?はコナンのキャラクター商品や何かアニメの商品を売っていました。1階ではメイドさんらしき人も居て、新宿にもこんな所があるのだと知りました。

ちなみに、私はロリータ服を着てないので安心してください。


以上、久々のリハビリ更新です。
文体も安定しないまま1年以上たちました。最近は書く気力が全く起きなかったのですが、書き始めると楽しい。


広告を非表示にする